関西エリアでおすすめの屋根工事業者紹介サイト

おすすめの屋根瓦修理工事業者
おすすめの屋根瓦修理工事業者
  • TOP
  • 屋根材の違いを把握してリフォームをしよう

屋根材の違いを把握してリフォームをしよう

雨風に晒されることで、経年劣化と共にズレや割れが生じてくる場合もあるのが屋根です。ズレてしまったものは元の位置に戻すのみで簡単に修理ができますが、割れに関しては一部のみなら部分補修で、しかし、家を建ててからしばらく経っていると全体的な不調が見られることから、葺き替えリフォームを行うのがベストになります。

この際に注目しておきたいのが、屋根材の種類です。近年、日本国内の住宅の屋根に利用されている素材は粘土瓦、スレート、アスファルト、板金あたりになります。概観がよく雨漏りさえしなければこだわりがないというかたも少なくないでしょうが、それぞれ耐久年数や重さ、外部刺激による傷のつきやすさなどが異なってくる点を把握しておくことが大切です。

屋根材の違いを把握してリフォームをしよう

この中では最も長く、50年程度の耐久性を誇る粘土瓦は遮音性も高く、色落ちがしにくいという特徴がありますが、重くて初期費用も高いというデメリットがあります。素材が柔らかいアスファルトは割れが生じにくいものの耐久年数は30年程度、板金はその軽さが魅力で導入しやすいものの、細かい傷ができやすく、薄くて軽い分雨音が響きやすいというのが特徴です。

それぞれのメリットデメリットを知っておけば、どのくらいのペースで葺き替えを行うかを考えて耐久年数から検討したり、これまで利用してきた屋根材の問題点をカバーできる素材に変更することができます。事前によく調べておきましょう。

広告1

大阪エリアで評判の屋根工事業者3選

1
カネダ瓦
カネダ瓦
保証期間10年
2
ムトウ産業
ムトウ産業
保証期間10年
3
サンファイン
サンファイン
保証期間は施工内容により変わる