関西エリアでおすすめの屋根工事業者紹介サイト

おすすめの屋根瓦修理工事業者
おすすめの屋根瓦修理工事業者
  • TOP
  • 屋根のリフォームに使用される塗料の種類
屋根のリフォームに使用される塗料の種類

屋根のリフォームには複数の段階がありますが、その中で最も手軽に行えるのが塗り替えという工程です。下地が傷んでいなければその上から新しい塗料を塗ることで、色を変えることは勿論、防水性や耐久性をアップすることが可能なため、7~8年程度経過したら塗替えを検討するとよいでしょう。

そんな屋根の塗装ですが、使用する塗料によって防水性や耐久性などが異なってきます。例えば最も安価な塗料はアクリル塗料で、それよりも少し高くなるのがウレタン、次点にシリコン、そして最も高価で主にビルなどに用いられるものがフッ素となります。これらは値段が高くなるほど耐久性も高くなっていくと思っておいて問題ないでしょう。一般的な住宅には主にこの四種類が使用されていますが、そのなかでもウレタン系とシリコン系が価格と耐久性のバランスが良いということでよく用いられています。

屋根のリフォームに使用される塗料の種類

最近では光触媒塗料というものも登場し、人気を博しています。光触媒塗料とは太陽光によって汚れを浮かせ、それを雨などで洗い流すことができるというセルフクリーニング機能がある塗料です。太陽光が当たらなければ効果を発揮することができませんが、日当たりの良い場所であれば検討してみるのも良いでしょう。

屋根塗装の塗料にはそれぞれ特徴があるため、自宅の屋根に合ったものを選んで綺麗に保ちたいものですね。

広告1

大阪エリアで評判の屋根工事業者3選

1
カネダ瓦
カネダ瓦
保証期間10年
2
ムトウ産業
ムトウ産業
保証期間10年
3
サンファイン
サンファイン
保証期間は施工内容により変わる